PEARL パール

白蝶真珠ゴールド系ネックレス

白蝶貝を母貝とし、色がゴールド又はイエロー系の真珠はインドネシアやフィリピン、ミャンマーなどが主な原産国でオーストラリア産のホワイトのものと同様暖かい海で養殖されます。白蝶貝ゴールド又はイエロー系のものはゴールドリップとも呼ばれています。ホワイト系より母貝が小さいので、真珠も一回り小さいものが生まれます。

Material

白蝶真珠

白蝶真珠は南洋珠に分類され、和珠(アコヤ真珠)との違いは、南洋珠が南洋の海で採れ、和珠が日本の海で採れると区別するとわかりやすいでしょう。まれに南洋珠も日本の海で養殖しているものもありますが、大多数は熱帯、亜熱帯の水質の良い海で採れます。

南洋珠はアコヤ貝に比べ10mm以上の大きなものがとれます。ただ、真円で10mm以上となると大変稀少です。色の特長は産地によって異なります。近年、ゴージャスで気品の高い白蝶真珠は大変希少のため最も高い値段で取引されます。